【書籍出版 2月27日発売決定】変形性股関節症は自分で治せる!

 

私が、理学療法士になろうと決意したのは、

当時、日本における理学療法士という職種への認知度が低く、その向上に貢献できると思ったからです。海外の理学療法士のように、身近なホームドクター的な存在で国民の健康に携われたなら、もっと日本は幸せになれるであろうと確信していたからです。

 

しかし今の国内の理学療法士業界は空前の開業ブーム。

年々1万人以上の会員数が増え、医療機関では終身雇用。限界を感じた理学療法士たちは、働き方に変化を求め、自らの独立の機会を探り始めています。“治療の対象”は理学療法士へ向けられ、今や理学療法士も「理学療法士を相手」に仕事をする時代です。私のところへも毎年のように専門家向けの講師依頼が舞い込みますが、技術だけを追い求める職能集団に将来はあるのでしょうか。本質的な重要な問題が置き去りにされているようでなりません。

 

理学療法士はやはり国民から頼られるようになり、求められなければなりません。そのためには何が必要か、常に考えています。日本の中心、銀座にオフィスを構えることでこれまで3000名以上もの股関節疾患を抱えた方たちにお越し頂けるまでになりました。新規の方ではおおよそ年間250〜350例。その中で実際に手術が必要となるのは、わずか10例ほどです。つまり、変形性股関節症における手術は決してマストではないのです。世界が謳っているように、保存療法には短長期的な効果があるのです。その事実を対外的に発信し、手術第1主義の治療界そして国民の意識の改革に乗り出そうと企んでいます。

 

ginzaplusでの皆さまとの貴重な経験や海外で学んできた知識も、利用されなければ何の意味もありません。冒頭での決意に、今回の本の出版は大いに貢献できるはずです。国内に600万人ともいわれる変形性股関節症の患者数、目指すはその10分の1、60万人の方にお手にとってお読み頂けたら幸いです。理学療法士ひとりの力には限りがあります。でも、この機会に賛同しご協力頂ける方々の力が加われば、きっと、何かを動かす大きな力に変わると信じています。理学療法士の認知度と国民の健康にも貢献できる、またとないチャンスと感じています。

 

 

大学病院を離れ10年目、節目の一冊です。

 

「変形性股関節症は自分で治せる!」

 

学研プラス(出版社)から全国の書店で、2月27日(火)に発売されます。

もちろんAmazonでもご予約、ご購入可能です。

ぜひ、新たな考えに触れてみて下さい。どうぞよろしくお願い致します。

 

「公開講座」

■6月の福岡を除いて、朝日カルチャー主催の勉強会はしばらくの間お休みさせて頂きます。

 

「出張施術」

■大阪 2月14日(水)〜16日(金)  ホームページ上でご予約を受け付けております。

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ http://ginzaplus.com/jp/

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【tripod】tripodの購入について

 

股関節痛には、何はともあれまずは「筋肉ほぐし」です。

初期の方ならこれだけでも効果が期待できます。進行期や末期の場合では、可動域や筋力の問題がありますので、筋肉ほぐしだけでは不十分ですが、全てのレベルの方に共通した必須メニューです。何をやったら良いのか分からなくても、患部周囲の筋肉だけでもほぐしてみましょう。痛みが軽くなるような兆候があれば、手術を避けられる可能性を意味します。早速、取り組んでみましょう!

 

今日は筋肉ほぐしに最適な「tripod(トライポッド)」宅配販売のご案内です。

お電話やメールでのお問い合わせが多くございましたので改めてご案内させて頂きます。

 

 

現在tripodが購入できるのは、銀座と地方での出張施術の際、それと朝日カルチャーセンターでの勉強会の時だけでしたが、今後は地方へお住まいの方へも宅配販売ができるようになりました。

 

 

【代金】商品代金(¥2.500) + 配送料 + 代引手数料(¥324)

 

 

ご注文を頂きましたら、即日に出荷できますよう手配に入らせて頂きます。ご質問やお問い合わせがございましたら、こちらよりお気軽にご連絡下さい。

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

P.S.明日は東京地方は雪の予報です。お足元が悪くなりそうです。自信がない方はご遠慮なくご相談下さい。

 

 

「公開講座」 

■東京・新宿

 2月3日(土)午後16時00分〜18時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

 

「出張施術」

■大阪 

 2月14日(水)〜16日(金)  ホームページ上で予約受付を行っております。  

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ http://ginzaplus.com/jp/

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【変形性股関節症】書籍撮影と病院訪問

 

先日は銀座を1日お休みをいただき、赤坂まで撮影へ出かけてきました。

ケーシーに袖を通すのも久しぶり。大学病院以来でしょうか、新鮮でしたね。ところで、皆さんはケーシーの語源をご存知でしょうか。私もこの時が来るまで恥ずかしながら知りませんでした。。。汗 参考までに

朝から約3時間、汗をかきながらモデルさんにもご協力いただき無事終了。その後は、スタジオ近くの「(みんみん)」でスタッフの方たちと昼食会。焼きそばと餃子、非常に美味でした〜

 

それと今回の出版に併せ、以前からお世話になっている股関節専門医の先生のもとへご挨拶に。

練馬・高野台に建つ順天堂大学付属練馬病院へ。待合室で待っていると、御茶ノ水の時代にお世話になっていた専門医の先生とご対面!? なんと裏口から通していただき教授にもご挨拶をさせていただきました。いつもニコニコ和やかな笑顔。患者さんが放って置かないのも無理もありませんね。変形性股関節症の治療界において「手術もするけど、保存療法も応援する」、そんな先生なかなかいらっしゃいませんから…。実は、私が順天堂に入職した当時から、そして、今でもお世話になっているんです。同じ患者さんを医師と理学療法士、ふたりで診ていけるのは患者さんにとっては安心にも繋がります。関西では増原先生も保存療法へ関心のある専門医で有名ですね。私はこの仕事を通じて、このおふたりの先生方の考えに触れ、評価していただけるだけで幸せです。もうおひとり、ご紹介したい保存派の先生がいらっしゃるんですが、またの機会に。。。

 

関東では年内最後の勉強会が今週末、新宿の朝日カルチャーセンターで開催されます。

準備も万端です!皆さんにお会いできるのが楽しみですね。勉強会に参加された方の約1/3の方たちは、そのまま銀座でのマンツーマンの施術を希望されお越し下さいます。保存療法で大切なのは、「方向性」です。間違わず、早めに取り組めれば、皆さん同じように満足のいく結果に辿り着けるはずです。最新の情報を元に、快適に改善させたいですね!

 

 

「公開講座」

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)午後13時〜15時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

 

 

「出張施術」

■博多 12月13日(水)〜16日(土)      ホームページ上で予約受付を開始しています

■大阪 来年1月16日(火)〜19日(金)  12/1日よりホームページ上で予約受付開始します ※参加者多数につき1日延長しました。

 

 

股関節痛の保存療法 ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ http://ginzaplus.com/jp/

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【変形性股関節症】保存療法 オンライントレーニングの導入について

 

皆さんは、「NHKスペシャル シリーズ人体」ご覧になっていますか。

CGを利用して非常に分かりやすく身体のメカニズムが紹介されていますね。先週は、筋肉を使う事の重要性、脂肪の知られざる役割などについても触れられていましたね。変形性関節症に関していえば、"メタボリック軟骨"という言葉があるように、肥満傾向の方では、軟骨そのものの組成が健常者とは異なる事が分かっています。だから、医療機関では痩せなさい、といわれるワケですね。大柄の方であっても、筋肉があれば痩せる必要もないはずなのですが。

 

さて今日は、「保存療法 オンライントレーニング」導入のご案内です。まだ準備段階ではありますが、年内には本格的に始動の予定です。

 

保存療法の発展が目覚ましい海外では、思考を凝らし様々な方法で実践されています。

私も昨年からオランダ、スペイン、そして今年はインドでの国際学会に参加し、最新の情報に触れてきましたが、保存療法へ意欲のある国々では、日本とは全く異なる方法で保存療法を実践しています。全てを見習う事はできませんが、国単位で積極的に取り組んでいるところでは、誰にでも利用可能なシステムが作られ、患者教育と運動療法が各種専門家によりスムーズに導入されています。日本でも同じような方法で実践できるのが理想ですが、残念ながらまだまだその域には至っていません。但し、他の国で成果を上げている以上、指をくわえて眺めているワケにはいきませんね。真似できるような素晴らしいシステムはぜひ活用させて頂きましょう。

 

ginzaplusが導入する「保存療法 オンライントレーニング」は、皆さまとのコミュニケーションの手段の一つになります。施術の際にチェックを受けた指導箇所や運動メニューなど、その時は理解したつもりでも、どうしても忘れがちであったり、継続が困難である場合が多くあると思います。そうしたケースでも、このシステムを活用する事で、携帯端末やパソコンでも、いつでもどこでも運動課題を再確認し、安心して正確な運動メニューを継続できる事をサポートします。保存療法を成功へ導くためには「安心」と「継続」、そして施術者側との「コミュニケーション」にあると感じています。

 

将来的には、遠隔地へお住いの方へも症状や動作などを動画でお送り頂いて、症状から運動メニューを作成し保存療法を実践して頂けるよう検討しています。まずはginzaplusの会員さま向けへ、年内より導入予定ですので、ぜひ楽しみにお待ち下さい。

 

 

「公開講座」

■東京・湘南

 11月18日(土)午前10時〜12時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター湘南教室

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)午後13時〜15時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

 

「出張施術」

■大阪 11月14日(火)〜16日(木)  10/1日よりホームページ上で予約受付開始します

■博多 12月13日(水)〜16日(土)    11/1日よりホームページ上で予約受付開始します

 

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【変形性股関節症】書籍の出版について

 

本を出版させて頂きます。

 

一般的な変形性股関節症の病気を説明する内容ではなく、一歩踏み込んで、より実用的な仕上がりを予定しております。あくまでも、これまで学んできた世界の標準的な診療ガイドラインに則り、そこでの考え方を中心にginzaplusが実践する独自のメソッドもご紹介させて頂きます。

 

・変形性股関節症とは、どういう病なのか

・どういった過程を経て進行して行くのか

・その代表的な症状とご自身の置かれている状況の確認

・手術を避けるために必要な運動の要素とは

・手術を検討するべきタイミングはどこか、など

 

日本では保存療法 vs 手術療法との印象で捉えられがちですが、実際には全くそうではなく、質の高い保存療法さえ実践できれば、早期のうちにほとんどの痛みは解消されるのです。手術療法が検討されるのは、保存療法では改善が認められなかった場合のみです。ところが日本では、制約的な問題から積極的な十分な保存療法がまだ実現できていないよう状況です。薬と簡単な運動療法のみで、保存療法の存在すら知らされないまま、手術に向かわれる方も多い事でしょう。保存療法とはその方の「生活全体」を指します。こんかい出版させて頂く書籍が、変形性股関節症という病態全体を捉える上で一冊の教科書、「患者教育」の一環としてお役立て頂けましたら幸いです。

 

冒頭ではginzaplusが提唱するオリジナルの運動療法もご紹介しております。これまで病院でリハビリを実践してきたけど、どうも効果を実感できない、逆に痛みが強くなったなど、そうした悩みへも、具体的な方法やその効果とメカニズムを分かりやすくご説明し、対応できるようまとめております。

 

変形性股関節症との診断を受けた際、それを乗り越えるためには「軸」となる考え方が必要です。

ここさえブレなければ、様々な症状にも対応できます。また、考えを裏付けるだけの「動き」の基礎も育んでおきたいですね。本のタイトル通り、まさにご自身で痛みの原因を知り、克服できる術や考え方を学習して頂けます。

 

来年書店へ並びます。ぜひ参考になさって下さい!

 

 

「公開講座」

■東京・湘南

 11月18日(土)午前10時〜12時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター湘南教室

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)午後13時〜15時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

 

「出張施術」

■大阪 11月14日(火)〜16日(木)  10/1日よりホームページ上で予約受付開始します

■博多 12月13日(水)〜16日(土)    11/1日よりホームページ上で予約受付開始します

 

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ