股関節痛と筋肉の痛み

 
よつばのクローバー
おはようございます!


お陰様で、股関節痛の保存療法を専門的に取り組み始め、
この3月で5年目に突入します。
これまで、多くの皆様の症状に向き合い、
より効果的な介入手法を検討してまいりました。


ここ数年の股関節学会では、
整形外科の先生方による
保存療法の効果を示した報告も聞かれるようになり、
実際に、
手術適応と診断された方たちが、
時間はかかっても、
痛みから解放され、
希望した生活を、再び取り戻すことができているのが分かります。


「股関節痛」とは、非常に奥が深いものです。


決してその原因が、
骨の変形に代表されるような、
骨格的な異常だけが扱われることなく、
人の心や感情との、結び付きも強いものです。


私が、股関節の痛みの除去に取り組み始めた1年目は、
筋肉のコリに注目した、マッサージを専門に行っておりました。





股関節まわりの、
幾重にもなるコチコチにかたまった筋肉のコリをほぐすと、
楽になられる方が多いのです。


ただ、多くの方の経過を観察し、気になっていたのは、
当然皆さん、痛みを気にされ、お越しになられるので、
筋肉をほぐして、痛みが軽減されることは、
お互いに喜ばしいことではあるのですが、
それだけでは、十分ではありません。


それまで抱えていた、筋肉の疲労を取っても、
負担になるような動き方身体の使い方まで整えてあげられなければ、
遅かれ早かれ、手術のタイミングが訪れることがあるからです。


マッサージを施すだけで、
果たして、根本解決につながっているのだろうか…。
改めて、股関節痛の病態を多面的に理解し、
治療の中身を再検討する必要があると、当時、感じていました。


結局は、
痛みを発生させるような、数か所のコリを抑え込んでも
全体を貫く軸ともいえる身体のシステムがそのままである限りは、
一時的に上手くいくだけか、
あるいは、代わりに、他の新しい問題に直面するかで、
真の解決に至るには、程遠いように思えます。


実は、コリをひとつずつを取り除いていっても、
股関節痛の本来の解決にはならないようです。
2度と、関節内外の組織に負担をかけないような、
新たな仕組みを作り上げることの方が、
根本解決につながり、身体にとって必要であると、感じています。


股関節症の方は、
膝や腰、足首や足指まで疲労を抱えています。
それらを分業的に治療しても、
全体を一貫した基軸が整っていない限り、
同じような症状を繰り返す傾向が高いからです。


皆さんの治療経験をお聞きし、観察しながら、
股関節の痛み関する捉え方も、徐々に変わってきました。


例えば、
下の報告にもあるように、
股関節症の方は、
太ももの外側の筋肉(=大腿筋膜張筋)を使って歩くという、
特徴があります。




九州看護福祉大学 教授 加藤浩(理学療法士) 



「脚の外側が痛いんです」と訪れ、筋肉をほぐしても、
その時は、痛みが軽減しても、
再び、外側に負担がこないような
歩き方姿勢、体重のかけ方をマスターできない限り、
この先もずっと、
たとえ、手術をしても、
同じような症状に悩まされることがあるとも予測されます。


日々、皆さんの症状を拝見し、
大切なことだと感じているのは、
一方的に、症状を抑え込むことにだけ目を向けるのではなく、
真の問題を解決することが優先です!
Treat the problem not the symptom!


◆こうすると股関節には負担になる。

◆こういう動作では、筋肉を過剰に使ってしまう。


股関節まわりの組織に負担になるような
使い方を改めることが、必要でしょう。
負担になるような歩き方をしてれいれば、
当然、使われる筋肉と使われない筋肉が生まれ、
筋肉には硬さ(=コリ)が現れます。



実際の痛みの治療では、
治療者側からの、単に筋肉をほぐす、緩めるばかりではなく、
最終的には、
患者さん自身で、
かたい筋肉のコリを日常場面に応じて、
使えるようになることが目標でもあります。



安心した生活を取り戻すには、
我々のアイディアを注がなくてはなりません。


ベッドに横になっていただき、愛護的な治療を行うばかりでなく、
症状や状態に合わせた皆さんの自発性も必要になってきます。
痛みをコントロールしようとする姿勢、治療への参加です。


こう申し上げてしまうと、
どこか突き放したような表現に聞こえるのかも知れませんが、
日々の日常動作、
一つ一つへの配慮や理解が
もうひと段階、上のレベルに到達するための
決め手となってくることがあるようです。


先週、お一人の方が“卒業”を迎えました。


「私、もう卒業しても良いですよね」
自信に溢れた表情です。
今後、股関節にとって何が良くて、何が負担になるのか、
ご自身の身体を通じて、上手に表現ができています。
これなら安心です。


今、診なくてはならないのは、
「症状」ではなく、「原因」です。


現在の股関節治療では、
軟骨のすり減りや筋肉の硬さ、コリ
最近では、股関節唇(軟骨の一種)損傷など、
「症状」に対する治療が多岐に溢れています。


こうした症状が生じるからには、何か「原因」があるはずです。
「原因」を突き止める努力が、「症状」の再発予防にも繋がります。


散らかり放題の部屋の一部をきれいにしたとしても、
また短時間で、元通りに戻ってしまうように、
再び、散らからないような、仕組みを作ることが必要なのです。


明日からまた、
今まで以上に気を引き締めて、
初心を忘れず、
股関節の痛みに悩む皆様の
より快適な生活を送り届けられますように
理学療法士としてできることに努力を惜しまず、
力を尽くしてまいりたいと思っております。






 ホームページはこちらから…

■4月のご予約状況をアップしました。
 御希望の方は、予約フォームからお申し込みをお願い致します。

 
にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

足首の痛みとランニングフォーム

    
よつばのクローバー
おはようございます!


◆お知らせ

 明日12月20日(火)の午前10時30分〜
 キャンセル空きが出たところです。
 セラピーを御希望の方は、こちらよりご連絡下さい。
 


股関節の痛みに限らず、関節痛の原因を探る際、
まず、大切なこととは、
“関節内の痛み”なのか。
それとも、“関節外の痛み”なのか。
痛みの所在を分類することが必要になります。


それは、
痛みの場所によって、治療法が大きく異なるからです。
関節内の痛みであれば、手術が必要かも知れません。
ところが、関節外の痛みであれば、手術は必要ないからです。


股関節痛でも、
歩行や姿勢などの全身運動における、
股関節の使い方を整えてあげるだけで、
痛みが軽減、消失してくる方がいらっしゃいます。


痛みの種類によっては、
身体に負担になるような手術、無理な筋力トレーニングを行わなくても、
生活の中から改善できるような痛みも存在するのです。


今日ご紹介するのは、
私と高校時代からの友人K君とのメールでのやり取りの内容です。
そのまま添付致します。



k君:

元気?
体がヤバイってことで最近走り始めたんだけど、
学生時代に足首にひびが入ったところが痛むんだよね。
テーピングして足首固定してもたまに走っているときに痛むし、
足首以外のすねとか、次の日にはふくらはぎが痛んだり(まさに今)・・・。
これって病院でレントゲン撮った方がいいのかな?いい病院知ってる?
また何かアドバイスあれば教えてね。暇なときでいいので!


私:

どうも!
整形で有名な〇〇病院とかあるけど、
ちょっとランニングフォームを変えてみたらどう??
例えば、足を着く位置をいつもより少し手前にして、体重を乗せる。
地面との接地時に足首、足指をしっかり起こすのもポイント!
けっこうストライド大きく、スピードが速い人が傷めるパターンだから、
フォーム改善すれば解消しそうだよ。
整形行ってもレントゲンとって消炎剤でおしまいだからね…。
またなにかあったら連絡頂戴!


その後1ヶ月


k君:

しばらくフォームなんかも意識して走ってみたんだけど、
1〜2km走ったあたりで絶対に足首が痛み出すんだよね。
それでも5kmくらいになると体が温まるからなのか痛みが消える・・・。
足首かばっているのか、走ったあと、
ふくらはぎとか股関節が痛むんだよね。今日は股関節痛の日。
歩くのも痛い。
特に階段を上がるときのような足を前に出す動作が痛ひ(泣)
やっぱ足首見てもらった方がいいのかなー?


私:

おはよう。
足首ってランニングフォームの影響をものすごく受ける箇所だから、
例えば、踵接地と足裏の真ん中あたりからの接地では、
足首にかかる負担がかなり減るよ。
思いっきり踵から入っているいるようだったら注意してみて。
整形外科にいってレントゲン撮っても
なかなか積極的な解決にはならないからな。
もうちょっと試してみて。股関節痛ければ、銀座へもどうぞ(^'^)
いつでも診ますよ。


その2週間後


k君:

どうも。
どうしても踵接地とフォアフットの違いが分からなくて
シューズを変えてみたのね。
ベアフット初心者向けみたいな裸足感覚のシューズに。そしたらびっくり。
ほとんど足首痛くならなかった!今まで履いていた、
ソール厚めの初心者向けのシューズがフォーム崩していたみたい。
シューズ選びって本当に大切だったんだね。
おかげさまで昨日は楽しく走れました。thanks doc!


今回のk君のケースのように、たとえ、
レントゲン上、関節の構造的な異常があったとしても
実際に痛んでいる場所はソコではない…。
関節痛において、
画像所見だけでは説明がつかないことは、結構あるのです。


走り方を変え、使う筋肉を切り替えるだけで、
手術や無理な筋トレをしなくとも、
痛みが消失することもあり得ます。


股関節痛を抱えた方は、
まずは、御自身が抱える痛みがどのような種類の痛みなのか。
重心の位置やバランスのとり方を変えるだけで
改善する余地はあるのかどうか…。


専門家の下で、
焦らず、じっくり検討してみる必要がありそうです。






ホームページは
こちらから…


■「平成24年1月大阪出張セラピー」
  1月30日(月)に数名様分空きがございます。
 午後12時〜 、午後2時〜
 御希望の方は、メールもしくはお電話にてご確認下さい。
 どうぞ宜しくお願い致します。

  
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ 

お役立ち情報が見つかりましたら、
応援クリックをお願い致します!

最新の保存療法を目指して!!


よつばのクローバー
おはようございます!


今年最後の月となりましたね。
来年1月のご予約状況もアップしましたので、
どうぞこちらからご確認ください。


今日は「保存療法」について、
皆さんと一緒に考えてみたいと思います。


変形性股関節症への保存療法の最大の目的は、
「股関節へのストレス、負担をいかにして軽減させるか…」
にあると思うのです。


股関節痛を抱え、変形性股関節症へと進展する際には、
必ずレントゲン上、軟骨の隙間が狭くなった様子が確認できます。
この関節内の摩耗、軟骨同士のすり減りを軽減させることに、
保存療法の大きな目標があります。


ところが、
保存療法と一言にいってもその捉え方も職種間によって様々であり、
今でも整形ドクターの中には、
「杖をつきなさい」「歩かない」「重いものをもたない」「走らない」などなど…。


とにかく股関節を“かばう”、消極的な生活を心がけることが
保存療法と考えている専門家も多いようです。


もちろん痛みの種類によっては、
一時的にこうした保護することも大事ではあるのですが、
しかしこれでは多くの場合、身体にとってはマイナスです。


こうした生活を何年も継続してくると、
筋力が落ち、骨は痩せ、股関節の拘縮(こうしゅく)を作り、
骨盤の歪みや股関節以外の箇所の痛みを引き起こすことは、
もう既に分かっていることです。


現在では、保存治療の分野においても少しずつ科学性が取り入れられ、
一部の理学療法士の間でも、その考え方が明らかに進化してきています。


例えば、
日常生活においては、
股関節へ最も負担のかかる動作とは、「歩行」です。


股関節痛を抱え方、
変形性股関節症との診断を受けた方は、
移動という目的を優先させた“ただ歩く”では十分ではなく、
“どう歩く”か…その中身、
歩きの質が現代の保存療法においては重要になってきます。



motoda:日常生活動作での股関節接触圧の変化 Hip Joint, 23:1997 

例えば、この研究によると、
′から足を着くとき、そして、⊇海蟒个靴討いときに
股関節面へ大きなストレスがかかることが示されています。
このときの姿勢やバランスのとり方、
筋肉の働かせ方などが保存療法の対象になってくるのです。


手術前であっても、手術後であっても、
日常動作における「歩き方」が重要であることは、
こうした報告からも頷けます。


「股関節症への保存治療」という大枠だけでみると、
その内容は、今も昔もそう変わっていないのがよくわかります。
現在においても“股関節を労わる”ことが保存療法と
勘違いしている股関節の専門家が大勢いるからです。


医学は進歩し続け、
「股関節」「痛み」に関する研究も発展し続けています。
股関節痛に対する保存治療においても、
こうした最新の知見を積極的に取り入れながら、
新たな理論と方法論をまとめていく作業が必要な
時期を迎えているのだといえるでしょう。






ホームページは
こちらから…


■「12月大阪出張セラピー」
  お申し込みを開始致しました。 
 ご希望の方はこちらからメールにてお申し込み下さい。

  
人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ 

お役立ち情報が見つかりましたら、
応援クリックをお願い致します!

股関節痛と骨盤!?

 
 よつばのクローバー
おはようございます!


昨日夜、大阪から戻ってまいりました。
次回は来月21日(日)と22日(月)、
再来月9月は29日(木)~10月2(日)まで大阪に滞在しております。
もしお困りの方がいらっしゃいましたらいつでもご相談下さい。

9月の予定も今朝アップ致しましたので、
ご予約ご希望の方はこちらからお申し込み下さい。



さて、今日は「骨盤」についての報告です。


股関節痛の中には、
メスを入れなくても解決できるものと、
手術をしなくては解決できない痛みが存在します。
その見極めやタイミングがとても重要です。


私が注目しているのは、股関節痛を抱えた方の“動き方”です。
痛みを抱えてしまった方には、
共通して痛みから避けるような身体の使い方、
それ以前の歩き方の癖が顕著に現われています。


股関節痛との歴史に配慮しながら、
こうした負担になる動作を少しずつ整えていくことが、
ここでの股関節痛改善へ向けての取り組みです。


一方学術的には、
股関節痛を抱えた方の動きについては様々な報告がなされており、
最近では、
股関節機能と伴に“骨盤の傾き”に注目した論文が増えています。




2010年の理学療法士による研究報告によると、
骨盤の傾きの程度により、
股関節の動き、身体を支えるためのお尻の筋力が
大きく異なることを示しています。
citation) 南角 : 人工関節置換術術後患者の骨盤アライメントと歩行中の重心移動の関連性.理学療法学 2010 


つまり、立つ、歩くといった日常動作の中で、
骨盤をいかに上手に操れるかが、
皆さんの今後の股関節の動き、筋力にも影響を与えるわけです。


痛みを抱えた、抱えているにも関わらず、
リハビリの中で骨盤に対する意識が乏しかったために、
可動域、筋力、他関節の痛みなどを抱えている方が増えています。
骨盤の動きが、予後を決定付ける要因といっても過言でないでしょう。


昨日最後にお会いした方は、
関西のある整形外科の理学療法士からのご紹介です。
杖無しで比較的動けます、歩けます。お仕事も可能です。
ただ歩きの中では、ほとんど骨盤が動いていません。
これが一番の問題です。


その場で正しい骨盤の動きを誘導し、再び歩いていいただくと、
痛みが軽減、歩き方が変化したのを実感されていました。
こうした症状を抱えた方は、
まず、手術を考えなくてもよいでしょう。
骨盤の使い方をマスターするために、
日々必要な筋肉を意識することで十分に改善が望めるからです。


引き続き、ご紹介いただいた理学療法士と連携を深めながら、
継続的なリハビリの中にも、
骨盤の働きを意識し、経過を追っていくつもりです。








☆2011年9末日までのご予約状況はこちらから確認いただけます。
  10月の予定は来月1日に公開致します。 


☆8月、9月の「大阪出張セラピー」は、現在若干の空きがございます。


   







よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!






人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ

お役立ち情報が見つかりましたら、
応援クリックをお願い致します!

腰痛の50%は股関節に問題あり!?


 よつばのクローバー
おはようございます!


一昨日水曜日はお休みでしたので、
息子と二人、電車に揺られながら明治神宮まで出かけてきました。



原宿駅前にそびえるこの建物「…オリンピア」。
かつて億ションとの話題に上がった物件だそうです。
実は2年程前、
私はここにサロンを構えようと考えていた時期がありました。
建物内、内廊下には絨毯が敷き詰められ、
昔の外国のホテルの思わせるような雰囲気が印象的でしたが、
近いうちに建て直し?取り壊し?も検討されている、とのことです。
今でも前を通ると思い出しますね〜。




さて、今日は腰痛に関してのトピックです。


腰痛と股関節痛。
この両者、どのようにして区別されるのでしょうか。
痛みの場所??それとも、痛みの種類??


股関節痛と同時に
腰の痛みに悩まされている方がいらっしゃいます。



また実際、股関節に問題がある方の多くが、
最初に“腰の治療”を開始されています。
本や雑誌で紹介されている
有名な治療家の先生にかかられていた方もいらっしゃいますね。


ただ、腰痛の中には、
腰そのものが原因というよりも、
股関節や他の関節に大きな要因が存在することがあります。


機転の利く治療家の先生方は、
繰り返す痛みの原因として“他の要因”を疑うのですが、
そうでない場合、
一時的な対症療法のために
1年も2年も同じような治療院を渡り歩かなければなりません。


最終的に、
病院の整形外科で股関節のレントゲンを撮ってみたら、
「実は、股関節に問題があった…」なんてことも頻繁に耳にするのです。


タイトルにある「腰痛の50%は股関節に問題あり!?」、
確率を裏付ける確なデータがあるわけではないのですが、





構造からも理解できますように、
ご近所に位置する関節同士、
見逃せない関係にあるように思えます。


そして何より、
痛みに悩む方々の貴重な時間を浪費することがないように、
全身に対する診方が必要なのでしょう。


今日の東京は素晴らしい青空!
元気にいきましょう!





☆2011年8末日までのご予約状況は
こちらから確認いただけます。
  9月の予定は来月1日に公開致します。 


☆7月の「大阪出張セラピー」は、募集を締め切らせていただきました。


   





よつばのクローバーもっと知りたい股関節痛!!






人気ブログランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
                                    

お役立ち情報が見つかりましたら、
応援クリックをお願い致します!