【小学生への歩行指導】リレー選手を目指して

 

年齢別の取り組みは小休止です。。。今日は番外編です。

肩の力を抜いてご覧下さい。登場するのは私の息子です。笑

 

現在小学生高学年。

お陰さまですくすく育ち、学校と地域のラグビー部に所属し、活発な学校生活を送っています。サッカーや野球、球技は得意ですし運動をやらせれば何でもできます。ただ、走るのだけはあまり速くありません。学年でも中の上レベル、運動会の徒競走でも毎回3位か4位、リレーの選手には選ばれた経験がないのです。

 

今年も運動会シーズン。

勘の鋭い方はお気づきでしょうが、そうです、普段の日常生活から走る力を付ける方法はないかと、この3ヶ月間奮闘してきました。笑

 

まずは、息子の普段の姿勢や歩きの特徴です。

立っている時には、どちからの脚に体重を乗せ、片側荷重。歩く時には、踵からの接地が乏しく、左側前方へ崩れる様子が確認されます。動画をご覧頂ければ更にイメージが沸くでしょうが、走るときには、その影響が顕著に現れ、左腕が固まってしまうのです。

 

その原因を、普段の歩行時における左右下肢へのアンバランスな荷重パターンにあると捉え、

動画で歩きの癖を確認してもらい、具体的な改善方法を指導し、まだ完璧ではありませんが、その場で、両脚荷重の大切さを学んでもらいました。

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

日頃から親から口が酸っぱくなる程、姿勢や歩き方を注意して、約3ヶ月。選考日当日です。

左腕を固め、肘を畳んだ癖は消失し、力強い腕振りと脚の回転で、50mを8.3秒。見事クラストップでリレー選抜決定です。

 

現在、ginzaplusでも、多くのトップアスリートからもご相談を頂いております。

怪我からの復帰や手術後のリハビリが遅れている原因の一つに、競技レベルで求められるパフォーマンスとは別の課題「日常での身体の使い方」に問題を抱えているのが分かります。特に姿勢や歩き方、非常に重要ですね。理学療法士が関われる余地がまだまだありそうです。3年後の2020年へ向け、どんな役割をginzaplusが果たせるのか、楽しみです!

 

「公開講座」

■東京・湘南

 11月18日(土)午前10時〜12時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター湘南教室

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)午後13時〜15時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

 

「出張施術」

■博多 9月27日(水)〜30日(土)  8/1日よりホームページ上で予約受付開始します

■大阪 11月14日(火)〜16日(木)  10/1日よりホームページ上で予約受付開始します

 

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【股関節唇損傷手術後】50代への保存療法の実践

 

先週末は、朝日カルチャーセンター主催の勉強会が開催されました。

 

 

横浜では初!の開催です。

これまで、姿勢や歩き方を中心に講座を担当させて頂きましたが、今回は基礎に立ち返り「骨盤ケア」をテーマに、股関節疾患からみた骨盤機能の重要性について触れさせて頂きました。嬉しい事に今回も満員御礼!いつも多くの方にご参加頂き、本当に感謝しております。理学療法士として知識が、皆さまの健康に貢献できるのは、何よりの喜びです。これだけ悩んでいる方がいらっしゃるのですから、こうした機会をもっと作らなくてはならないのと同時に、整形外科をはじめとした医療者関係者の方にも、この現実を知って頂く必要があると感じています。

次回は湘南教室での開催です。今回学んだトレーニングば、次回のテーマ「姿勢と歩行」で活かされます。

ぜひまたご参加下さい。よろしくお願い致します!

 

さて、本日も症例紹介です。

ご相談頂いたのは、50代の女性です。

 

【医療機関で診断された病名】

股関節唇損傷、臼蓋形成不全

 

【解説】

幼少期から座り方の癖があり、股関節の可動性には問題を抱えていました。それでも、学生時代はバスケットボール部に所属し、社会人になってからもスポーツは継続していました。最近になって突如眠れないほどの股関節痛に襲われ、3人の医師にかかったところ臼蓋形成不全による股関節唇損傷との診断。リハビリ(ストレッチや貧乏揺すり)も勧められましたが、改善が認められず、医師の勧めにより関節鏡視下術を行いました。しかしながら手術後1年経っても、股関節の不具合が解消されないどころか、好きだったバスケットボールへの復帰も果たせていません。更なる運動機能の向上を期待され、ginzaplusへご相談にみえました。

 

【理学療法士コメント】

10代や20代、若年者への股関節唇損傷に対する股関節鏡視下手術は、多くの良好な成績が報告されますが、40代以降ではその後の経過が思わしくありません。手術後、半年も経たないうちに変形性股関節症へと進行したり、痛みの増悪のため人工関節が避けられないケースなど、復職、趣味活動への参加が困難となるケースに度々直面します。股関節鏡による治療が盛んな欧米でも、特に、臼蓋形成不全を伴う股関節唇損傷例では、悪化例が多い事から注意が呼びかけられています。

日本人においては、特に気をつけておかなければならないのは、幼少期からの身体の使い方に問題がある場合です。

手術により損傷箇所を治したとしても、身体の使い方に問題があれば、やがて、別の箇所の痛みを引き起こします。あぐらがかけない、外股・内股歩きの癖がある、などの自覚症状があれば、たとえ、上記診断名が下っても、痛みの真の原因は他にあると考えるべきでしょう。本来の、根本的な問題を先送りにし、いくら治療を施しても、運動強度が増せば、他の箇所へ負担を招き、再び新たなる痛みを生じさせるのです。

股関節唇損傷の手術を受け、約1年。

念願だったバスケットボールへの復帰も果たし、2.5キロのランニングも再開できるまでに回復されています。しかしながら、後遺症による可動域制限が今も尚残るため、今後も定期的なメンテナンスが望まれます。

 

【痛み】

「開脚、座位になる途中、床からの立ち上がり、横向きの寝る姿勢。」

 

【ginzaplusへの期待】

「痛みの改善。もう少しスポーツが思いっきりできるように。」

 

【施術期間】

 計7回、約7ヶ月

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

 

「公開講座」

■東京・湘南

 11月18日(土)午前10時〜12時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター湘南教室

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)時間未定

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

 

「出張施術」

■大阪 9月12日(火)〜16日(土)  8/1日よりホームページ上で予約受付開始します

■博多 9月27日(水)〜30日(土)  8/1日よりホームページ上で予約受付開始します

 

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【変形性股関節症】40代への保存療法の実践

 

変形性股関節症との診断を受けた場合、いかなる状況においても優先されるのは「保存療法」です。保存療法では効果が確認できない場合のみ「手術療法」が適応されます。ヨーロッパの国々やオーストラリアではこの考え方を採択し、その効果を変形性関節症の国際会議の場で報告しています。保存療法で効果が確認できる期間は、おおよそ12週間と定めています。ginzaplusでは約3~6ヶ月、この期間に定期的なチェックを受けて頂き、手術が必要かどうかの判断に役立てます。

 

さて、本日も症例紹介です。

ご相談頂いたのは、40代の男性です。

 

【医療機関で診断された病名】

先天性股関節脱臼、変形性股関節症

 

【解説】

「両股関節に臼蓋形成不全がありますが、15歳時に左のみキアリという施術を受け、現在左足のみ変形性股関節症で障害認定5級を受けています。 現在、地元の○○整形外科に週1度リハビリに通院し、半年に一度、△△先生のチェックを受けています。左はいつ人工股関節にしてもいいくらいの状況とのことです。右足も負担がかかり初期の変形性股関節症になりつつあると診断を受けています。 個人的には、右足は手術をせずに保存をしたいと思いますが、脚長差が3cm程度あり腰と右足に負担がかかり疲れやすい状況のため、手術をする前に自分で対処できることをしたいと思い、予約をしました。 現在のトレーニング状況は、2日に一度15キロのエアロバイクと腕立て伏せ30回、足上げ腹筋を30回実施し、週末のどちらかは、自転車で概ね15キロと水泳を1キロをセットで実施しています。 自分で実施できる適切なトレーニングの方法についてアドバイスもいただき、可能な限り右足の負担を減らしたいのが今の希望です。」

 

【理学療法士コメント】

保存療法を実践する上で最も大切なのは、その中身です。

数ある保存療法の中でも、目標達成のために、どんな運動を選択し実践しているのかが、鍵を握ります。問題点からかけ離れた運動課題を延々とこなしても、望むような効果には近づけません。リハビリのためのリハビリとならぬように、同じ努力と時間をかけるなら、短期間に最大効果を発揮できるような運動課題が選択されるべきです。

今回のケースでは、画像を拝見すればお分かりのように、どこの医療機関にかかっても手術を宣告されるような状況です。但し、診方を変えれば、もうこれ以上進行しようがない安定期=修復期とも捉えられます。手術後の後遺症により脚長差や拘縮は残りましたが、上手に利用すれば、これ以上の進行は防げます。脚長差があると、すぐにでもインソールや補高を調整したくなりますが、大切なのは、まずは素足で適切な荷重感覚を身に付ける事です。

保存療法を開始し約7ヶ月が過ぎ、当時の痛みは改善され、長距離歩行も楽になってきています。当初予定されていた手術も回避する事ができました。当面の目標は走れるようになる事です。手術が必要かどうかは、保存療法を経てみて決断すれば良いのです。3ヶ月ないし半年後の運動機能と人工関節を入れる事によるメリットとデメリットを天秤にかけ、その時に何を優先したいかで治療選択を決めれば良いのです。状況が改善される中では、結論を急ぐ必要はありません。人工関節を入れると心配されるのは、反対側の股関節の痛みです。今の内に左右のバランスを整え、筋力を確保しておけば、たとえ、人工関節に至ったとしても、その後のリスクは最小限に抑えられるでしょう。

 

【痛み】

「立ち上がったとき。歩いているとき。」

 

【ginzaplusへの期待】

「痛みの改善。」

 

【施術期間】

 計6回、約7ヶ月

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

 

「公開講座」

■神奈川・横浜

 9月9日(土)午前10時30分〜12時 

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター横浜教室

■東京・湘南

 11月18日(土)午前10時〜12時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター湘南教室

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)時間未定

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

 

「出張施術」

■大阪 9月12日(火)〜16日(土)  8/1日よりホームページ上で予約受付開始します

■博多 9月27日(水)〜30日(土)  8/1日よりホームページ上で予約受付開始します

 

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【先天性股関節脱臼】30代への保存療法の実践

 

現在、年齢別に保存療法の取り組みについてご紹介しております。症状を悪化させない、股関節症特有の癖を作らないためには、痛みが生じはじめた初期の「知識」がとても大切です。騙しだまし使っても、跛行が身に付いてしまえば、拘縮や脚長差からその後の生活に支障をきたす事もあります。海外では、日本ほど歩き方を悪化させてしまう方は少ないようですね。それは、それ以前に適切な治療に出会えている環境がある事と、日本人と欧米人との生活環境の差でしょう。

 

さて、本日も症例紹介です。

ご相談頂いたのは、30代の女性です。

 

【医療機関で診断された病名】

先天性股関節脱臼、臼蓋形成不全

 

【解説】

出産後に脱臼が確認され3歳までバンドを装着し過ごしてきました。小学生の時は不自由はありませんでしたが、違和感を訴えはじめたのは高校生になってからです。ソフトボールやバドミントン部に所属し活発な学生生活を送り、股関節周囲につれるような感覚が出始め整形外科を受診したところ、医師からは「頻繁にある症状だから心配はいらない。」とのアドバイス。医師の言葉に安心して生活を送ってきましたが、社会人に入り業務が多忙を極める中、立ち上がり時や歩行時に痛みを感じるようになってきました。不安になり再度整形外科を受診したところ、今度は「軽い臼蓋形成不全だが、変形性股関節症になるような感じではない。」との見立て。益々痛みが強くなる中、適切な指導もないまま時間だけが過ぎ、医療機関では対応しきれないと判断し、ご家族の勧めでginzaplusへお越しになられました。

 

【理学療法士コメント】

先天性股関節脱臼に伴う臼蓋形成不全は、何か新しいスポーツをはじめたり、出産や仕事など生活環境が変わった時に、痛みを発症し易くなります。運動も良いですし、多少の重労働も構いません。但し、ストレスに耐えられる股関節を若い時からきちんと育んでおく事が将来手術に至らないためにも大切です。

一般に整形外科では、長歩きをしない、荷物を持たないように指導される事が多くあります。ただ、荷物を持たない生活など考えられるでしょうか。今回のケースのような働き盛りの30代、仕事でパソコンや書類を持ち歩きく必要に迫れる事もあるでしょう。荷物を抱えれば、決まって、重心は前方に移り、歩けば左右に身体は傾きます。お尻が引け、股関節が伸びにくくなる事で、変形性股関節症特有の跛行パターンを作り上げるのです。荷物を持ってはダメということはありません。しかしながら、荷物を持つという行為自体が、どういった負担を身体に招くのかを理解し、対策を講じる必要があります。

レントゲン画像を拝見すると、その影響からか骨盤は歪み、脱臼側の股関節の軟骨の隙間は狭くなっているのが分かります。かばって歩いてきたため、浅い臼蓋から骨頭が少しずつ外へ逃げはじめています。これでは進行するのも時間の問題です。安全な荷重の仕方を再度学習する必要があります。運動感覚の良い方では2回目の施術でも十分に効果を実感頂けるでしょう。今後は画像上の変化も確認しながら、幼少期からの長年の癖が現れないように、定期的に可動域、筋力、日常動作をチェックしていく必要があるでしょう。変形性股関節症の進行させないためには、跛行が現れたその時がタイミングです!

 

【痛み】

「立ち上がったとき。歩いているとき。」

 

【ginzaplusへの期待】

「痛みの改善。」

 

【施術期間】

 計2回、約2ヶ月

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

 

「公開講座」

■神奈川・横浜

 9月9日(土)午前10時30分〜12時 

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター横浜教室

■東京・湘南

 11月18日(土)午前10時〜12時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター湘南教室

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)時間未定

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

 

「出張施術」

■大阪 9月12日(火)〜16日(土)  8/1日よりホームページ上で予約受付開始します

■博多 9月27日(水)〜30日(土)  8/1日よりホームページ上で予約受付開始します

 

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

 

【大腿骨頭壊死症】20代への保存療法の実践(インソールも併用して)

 

今日は大腿骨頭壊死についてです。

 

大腿骨頭壊死とは、何からの理由による大腿骨の頭の部分、骨頭への血流が不足する事で生じる病気です。詳細については、こちらに譲りますが、現在も尚その症状と進行にメカニズムが解明されていない事から、日本国内では難病指定として扱われます。私がginzaplusで担当させて頂く半数以上の大腿骨頭壊死症例は、既存疾患のためにステロイドの服用が避けられなかった方たちです。時として、ステロイドの服用は症状の沈静化には避けられませんが、世界の変形性関節症の治療ガイドラインでは、ステロイドの関節内注射だけはレッドフラッグ、つまり禁止事項です。骨破壊、症状を進行させる恐れがあるのです。そのため使用にあたっては、方法、用途を担当医師と十分に話し合って進める事が望ましいでしょう。

 

さて、本日も症例紹介です。

ご相談頂いたのは、20代の女性です。

 

【医療機関で診断された病名】

大腿骨頭壊死症

 

【解説】

幼少期に股関節のトラブルはありませんでしたが、10代に難病を患い大量にステロイドを大量投与していました。20代に入ってから徐々に股関節にも症状を抱えはじめ、可動域の減少、初動時や長距離歩行の際に痛みを訴え、大学病院へかかったところ骨頭の一部が欠損した大腿骨頭壊死症と診断されました。年齢的にも早い事から人工関節はためらわれ、リハビリを勧められましたが、そこの医療機関では具体的な指導もなかったため、ginzalusへご相談にみえました。

 

【理学療法士コメント】

大腿骨頭壊死に伴う股関節痛は、壊死の程度や場所などから予後が良いと判断される場合には、積極的に保存療法を進め経過をみます。杖も必要となるような強い痛みの場合には、かえって運動刺激が症状を悪化させる危険も伴うため、運動量や刺激強度については理学療法士の経験や判断が不可欠です。

今回のケースように、軟骨が消失し骨が変形しかかっている場合には、関節内の痛みも心配されましたが、保存療法を継続すると痛みの原因が関節外である事が判明し、筋力トレーニングを主体に運動強度を上げていきました。3ヶ月後には、当初の骨盤を左右へ大きく振るような跛行は改善され、健常者並みの歩行を獲得できています。

歩容の改善に向け最終的な手段としては、インソールを活用しています。これにより、荷重時の安定性は格段に改善され、自信をもって歩行距離を伸ばす事ができています。変形性股関節症由来の跛行の改善については、左右のアンバランスを修正する事が最も優先されますが、ある程度の可動域、筋力が確保されたならインソールも効果的です。インソールも導入のタイミングを誤ると、脚長差や拘縮などを招き、腰や膝に痛みが生じるばかりか代償的なパターンが学習されてしまいます。リハビリ担当者と慎重に進めていく事が大切です。現在は、ほぼ日常動作には不自由はなくなったため、今後は半年〜1年に1回のペースで経過観察していく予定です。

 

【痛み】

「歩きはじめや朝の起きがけが痛い。」

 

【ginzaplusへの期待】

「日常生活動作を指導して頂きたいです。」

 

【施術期間】

 計6回、約1年

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

 

「公開講座」

■神奈川・横浜

 9月9日(土)午前10時30分〜12時 

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター横浜教室

■東京・湘南

 11月18日(土)午前10時〜12時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター湘南教室

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)時間未定

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

 

「出張施術」

■大阪 9月12日(火)〜16日(土)  8/1日よりホームページ上で予約受付開始します

■博多 9月27日(水)〜30日(土)  8/1日よりホームページ上で予約受付開始します

 

 

ginzaplus 佐藤正裕

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ