【変形性股関節症】保存療法を阻む要因

 

福岡出張から先ほど戻りました。

 

 

本の帯にもある

「股関節の痛みの9割は手術なしで改善します」

本書にまとめたように「運動」と「痛みへの施術」の組み合わせで症状は緩和されます。とはいっても、残りの1割は常に手術と隣合わせであるのも、事実です。

 

一般的に説明される「軟骨のすり減り」や「骨の変形」だけが痛みの要因ではないのは周知の通りと思われます。保存療法が効果を示さない、邪魔をする原因についてを考えてみました。

 

1. 長期に渡る痛み止めの服用

2. 喫煙習慣 

3. (家族の)理解不足

4. (本人の)病識の欠如

 

世界的に権威ある関節症学会OARSIでも、これらのリスクについては医学的なデータをもとに裏付けしています。

 

例えば、

1に関しては、ステロイド性、非ステロイド性多種多様な薬剤による効果も報告しますが、同時にいかなる薬物の服用も「最長2週間」と呼びかけています。それ以上では副作用(関節破壊、臓器不全、自律神経失調など)が報告されているからです。

2について、喫煙習慣がある場合には、禁煙者と比べて、明らかな運動療法の効果がないことを報告しています。

また3と4については、

「活動量のコントロール」を難しくさせる要因てあるとも述べています。ある国の研究結果では、保存療法で効果が期待できる平均歩数は8000歩/日と報告しています。要は、動くことが保存療法においては、肝心要なのです。

 

ただし、痛みの解決にあたって本来対象となるのは、そのひとの「生き方」であり「人生」そのものです。おかれた環境(家庭や仕事)によっては、解決が難しい場合も少なからず存在します。

 

自分は保存で乗り越えたいけど家族が強く反対、手術を勧める。お孫さんの面倒、親御さんの介護を分担できない。家事やペットの世話を手伝ってもらえない。動くことが基本なのに動かない(座りっ放しの生活、車移動)。あるいは、動き過ぎてしまう(力仕事、過酷なスポーツ)などなど。こうした、生活に潜む見えないバリアこそ、保存療法の実践を阻む要因となっていることがあります。

 

痛みの改善にあたっては、医学的な診断名や関節の状態云々よりも、それぞれの背景を十分に尊重しつつ、ベストと思われるチョイス(手術か保存)を状況に合わせ、適切なタイミングで提供すべきでしょう。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp/

 

 

【キャンセル空き】11月16日(金)午前10時30分〜

 

キャンセル空きのご案内です。

 

11月16日(金)午前10時30分

11時36分ご予約済みとなりました、ありがとうございました。

 

ご希望がございましたら、

恐れ入りますが、ウエブサイト予約表からお申し込み下さい。

なお、直前でございますので先着順となりますことをお許し下さい。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp/

 

【4刷決定】変形性股関節症は自分で治せる!

 

嬉しいお知らせです。

 

発売からまだ1年も経っておりませんが、

「変形性股関節症は自分で治せる!」の増刷が決定しました。

 

実に多くのかたにお役立ていただけているようで、本当に嬉しく思っております。

 

先日お越し下さったかたは、

付箋をあちらこちらに。そして、質問用紙にもびっしり。

紙がクタクタになる程に、何度も読み返して下さっています。

 

本を出版させていただくことができて、心から良かったと思えた瞬間です。

 

 

ちなみにこちらの本は、

スーパーのレジ脇に置いてあったそう。

 

まだまだ股関節痛の治療界でも、外科的な手術が主流ではありますが、

少しずつ“意外なところ”から、保存的な考え方も、

身近になりつつあるのを感じています。

 

先進をゆく海外では、

関節症を予防する保存療法を行うのが当たり前です。

日本でもそんな世の中を目指したいと思っております。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp/

【Triathlon】先天性股関節脱臼でも無事完走

 

今週末は伊豆で開催される河津トライアスロンに参加してきます。

今年はこれで走り納めですね。オリンピックディスタンス、

距離こそ短いですが、今年一年のトレーニングの成果を試してきます。

 

 

ginzaplusへはトライアスリートも現在数名通って下さっています。

 

忘れもしない数年前のある大会。

最後のランパートで正面から、肩を左右に振りながら走る女性ランナー。

明らかに股関節疾患を疑わせる走り方。失礼を承知の上で思わず声をかけてしまいました。

「股関節唇損傷と診断された」とのこと。

 

ゴール後、連絡先を交換し、股関節を任せていただくようお願いしました。

そして、保存療法を継続し約半年。

 

実は、臼蓋形成不全を伴う先天性の脱臼の既往もあったのですが、

当初の痛みは大幅に解消され、先日参加されたレースでも見事に完走!

偶然、私も同じレースに参加。その走りを間近で確認してきましたが、

かつてのようなかばった走りは、もうそこにはありませんでした。

 

アスリート+股関節痛というだけで股関節唇損傷と診断される昨今。

手術をすれば、

多くの負担(医療費、仕事、家族など)を背負わなければならなくなります。

必ずもとの競技に復帰できる保証もありません。

 

手術を未然に防ぐ保存療法。

股関節唇損傷が疑われれば、ぜひ一度お試し下さい。

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp/

 

【夢21】ご紹介いただきました

 

銀座は素晴らしい秋晴れが続いていますね。

股関節痛が特集に組まれた「夢21」が本日発売になります。

 

最新の「手術療法」と「保存療法」の情報をご覧いただけます。

 

 

保存療法については、

薬物療法と主にginzaplusでも推奨する「運動療法」がご紹介されています。

 

運動療法とは、

すでにご存知のかたも多いとは思いますが、

世界が認める最も「安全」で「効果」がある治療手段です。

 

各国からアイディアを凝らした運動療法が毎年次々に提示され、

変形性関節症の痛みの除去と運動機能の向上に貢献しています。

 

ginzaplusでは、

第一線で活躍する世界の研究者たちが捻出してきたエビデンスをベースに、

日本独特の文化的背景や生活習慣を十分に考慮し、

日本人に合ったオリジナルな手法を考案し、

一定の効果を確認してまいりました。

 

また、手術療法については、最新の人工関節手術が取り上げられ、

全国の専門医療機関も紹介されています。

もちろん、順天堂も入っています。

 

手術が検討されるのは、

こうした保存療法が効果を示さなかった場合のみです。

 

変形性股関節症を診断され、どうして良いのか分からないかた。

治療選択に参考にしていただければと思います。

 

本日より全国の書店で発売です。

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ https://ginzaplus.com/jp/