【臼蓋形成不全】理学療法士への保存療法

 

新年明けましておめでとうございます。

少し遅くなりましたが、ginzaplusは明日5日(金)から施術を開始します。

今年は昨年以上に「変形性股関節症の保存療法」が身近な一年になるはずです。2月には本の出版を控えています。ginzaplusでは、「オンライントレーニング」を昨年末から導入しました。初回時にご登録して頂いたIDを会員専用ページからご入力頂くと、いつでも、どこでもトレーニング内容を閲覧可能になりました。施術の際に指導を受けたトレーニング方法を忘れてしまったり、うっかり違った方法で行ってしまう事がないよう、サポート体制を充実させて頂きました。ご自宅のパソコンでも外出先のスマートフォンでもご確認頂けます。

保存療法の効果の決め手は、ちょっとした意識の積み重ねです。その継続性の維持に「オンライントレーンング」が効果活用して頂ければと思っています。保存療法が発展した国々では、少しずつ導入の声も聞かれますが、おそらく日本では初の試みでしょう!ぜひ保存療法の効果を、身近で体感して下さい。

 

さて、本日も症例紹介です。

理学療法士もまた股関節の痛みに悩まされています。

 

【医療機関で診断された病名】

臼蓋形成不全

 

【解説】

ご相談内容です。「7〜8年前より左股関節痛があります。スポーツクラブのステップマシーンをやった後、股関節が詰まるような感じがしてストレッチしても改善せず、痛みも出現します。○△研究所で2週間に1度リハビリをしていましたが、ある程度は軽減されるものの、その後は改善しませんでした。」

スポーツジムでのエクササイズが発端となった股関節痛ですが、おそらく理学療法士という職業柄、訪問先への自転車移動、在宅でのリハビリ指導など、いくつかの要素が重なった結果発症した股関節痛と推察されます。ginzaplusへご相談頂き、最初の数回約2ヶ月は全く効果を実感頂けませんでしたが、ある日を境に筋力が回復しはじめ、最終的には走れるまでに改善されています。

 

【理学療法士コメント】

同じ医療者であっても、臼蓋形成不全と診断されると重く受け止めてしまう方も多いようです。特に臼蓋形成不全関連の痛みも、当初は、骨や関節そのものから生じるのではなく、股関節周囲の「筋肉疲労」から作り出されます。その共通理解が、保存療法を円滑に進めるためにも重要です。そして、筋力。理学療法士であっても、身体を自在に操れない、殿部の筋肉がほとんど働けていなかったり、腹部周囲が完全に弛緩し、直立位を保てない理学療法士も多く拝見します。理学療法士である以上、ある程度は模範となって、支える基本的な動きを実演できないと、それらはやはり患者治療にも影響を与えるでしょうし、この仕事を続けられなくなる、自分自身の身体を壊すきっかけになるかも知れません。今回の保存療法を通じて、理学療法士のあるべき姿、股関節治療のプロセスをお互い擦り合わせながら、股関節痛が生じない日常をまずはクリアできたように思われます。しかしながら、理学療法士としての身体作りには継続が必要です。股関節痛が生じなくなった今、今後は、各種全身運動を取り入れながら、更に模範となれるような理学療法士像をご自身で作り上げられるようサポートしていくつもりです。

 

【痛み】

「まともに歩けない。仕事がきつい。」

 

【ginzaplusへの期待】

「痛みなく走れるようになりたい。」

 

【施術期間】

 約8ヶ月、計8回。

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

 

「公開講座」

■神奈川・横浜

 1月20日(土)午前10時30分〜12時00分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター横浜教室

■東京・新宿

 2月3日(土)午後16時00分〜18時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

 

「出張施術」

■大阪 

 1月16日(火)〜19日(金)  ホームページ上で予約受付を行っております。

 2月13日(火)〜15日(木)  ホームページ上で予約受付を行っております。  

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ http://ginzaplus.com/jp/

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【臼蓋形成不全】4回の股関節手術を乗り越えて

 

ちょっと間が空いてしまいましたが、

前回の症例紹介で、同じ臼蓋形成不全でも幼少期の治療経験がある方が、将来的に変形性股関節症へと移行し易いリスクがあることを述べました。そのため、後天的な臼蓋形成不全例よりも、より慎重に経過を見守っていく必要があります。今回ご紹介させていただきます40代の女性、こちらの方は、先天的な臼蓋形成不全を理由に20歳までに4回の手術を経験されています。手術後、痛みを経験するようになったのは、出産を経験してからです。その経過についてご紹介させていただきます。

 

【医療機関で診断された病名】

臼蓋形成不全、変形性股関節症

 

【解説】

ご相談内容です。「20歳までに4回ほど手術をしましたが、左側が重症です。右も1度手術をしていますが 数年前から立ち上がる際に痛みがあり、歩行時にも痛みが生じます。」幼少期に先天性の股関節脱臼が生じ、RAOなどの骨切り手術を過去4回経験されています。本格的に痛みが生じるようになったのは、出産を経験されてからです。これまで歩かないように指導を受けてきましたが、さすがに子育て中はそうはいかず、術後の後遺症による脚長差の影響も受け、次第に日常生活動作へも支障をきたすようになりました。立ち上がりや歩き始めには痛みが存在し、可動域の減少傾向を実感しています。整形外科へもこの10年かかっていません。それでも、ginzaplusの運動療法を経験してからは、次第に痛みは軽減され、筋力も回復し、半年後には小走りも可能になっています。現在は症状も安定し、更なる運動機能の回復を目指し、定期的にお越しいただいております。

 

【理学療法士コメント】

同じ臼蓋形成不全でも特別に注意を払わなければならないのは、幼少期の脱臼や手術経験がある方たちです。出産や育児、仕事量の変化に敏感であり、股関節痛を発症し易くなります。医療機関では小児から成人へのフォローが希薄であったり、医療保険上の問題から定期チェックが受けられない場合も多いようですが、幼少期のトラブルがあった方たちこそ、将来悪化させないためにも継続的なケアは不可欠です。

今回のケースでは骨切り手術による後遺症、脚長差が4cm存在していました。かばって立つ、歩くを繰り替えしていたことで、歩行時には極端に左の骨盤が前に押し出され、立位時には、常に短い方へ体重を乗せバランスを保っていました。こうした一連の動きの癖により、骨盤が大きく傾き、可動域はみるみる狭くなり、筋力にも左右差が認められました。しかしながら、どんなに辛くても杖や補高靴を使用してこなかったことが幸いし、ginzaplusの保存療法を取り入れることで、早期にご本人の想像を遥かに上回る機能を回復できました。

杖や補高靴は確かに保存療法の実践の上で、欠かせないアイテムの一つですが、用途やタイミングを誤ると、たちまちかばう動きを学習させ、健常者並みの運動機能の獲得を難しくさせます。保存療法開始後3ヶ月、荷重が安定してきたタイミングで、脚長差に対し初めてインソールを試用することで、安定感が一層増し、小走りも可能になっています。

 

【痛み】

「歩く時がきつい。歩き始めの痛み、立ち上がりの痛みを何とかしたい。」

 

【ginzaplusへの期待】

「娘と一緒に出かけられるようになりたい。」

 

【施術期間】

 約8ヶ月、計6回

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

 

「公開講座」

■神奈川・横浜

 来年1月20日(土)午前10時30分〜12時00分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター横浜教室

■東京・新宿

 来年2月3日(土)午後16時00分〜18時15分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

 

 

「出張施術」

■大阪 来年1月16日(火)〜19日(金)  12/1日よりホームページ上で予約受付開始します

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ http://ginzaplus.com/jp/

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【変形性股関節症】「股関節痛の予防と対策」勉強会の感想

 

先週末は新宿の朝日カルチャーセンターで勉強会が開催されました。

今年は週末の福岡を入れますと計7回、全国で講演活動をさせていただきました。これもご支援下さる方たちのお陰です。改めて感謝を申し上げたいと思います。まだまだ変形性股関節症の保存療法は、日本ではマイナー分野です。ご存知ない方が多いのも無理もありません。私もどうしたら、変形性股関節症の保存療法が世の中へ(スムーズに)受け入れられるようになるのか、真剣に考えています。一時は、医療者向けへの情報発信をと思った時期もありましたが、学会等に参加すると分かると思いますが、日本は保存療法が根付き難い環境です。どうしても手術が先行してしまいます。ならばと思い、今は直接困っている方たちの前に出向くことを最優先に活動を進めてきました。勉強会へは、何度もご出席して下さる方がいらっしゃったり、会の終わりには改善報告が聞けたりなど、私なりに十分な手応えを感じております。ちょっとした意識の違いや気にかけるだけで、まだまだ変われるんですね。もちろん、症状によっては難しい場合もあるでしょうが、電車を利用して、朝日カルチャーまで出かけようという意識、出かけられるだけの気力・体力があれば、かなりの希望が持てますよ。保存療法で効果を実感できるはずです。

 

大切のは、手順。考え方、進め方です。

 

今回もフィードバックをいただけましたので、ご紹介します。

 

「お礼のメールです。9日の朝カルに参加した者です。
付け根の痛みで20年ほど、自分に合いそうな軽い筋トレで維持してきました。
何度か整形に行ったこともありますが、その対応がいつも???なので、自力でなんとかしのいできた私にとって、今回の佐藤先生のお話はストンと府に落ちる事ばかりでした。自分のしてきたことがあながち間違いではなかった、とほっとしました。とは言え、今まではほぼ自己流のようなもの。この先も自分で維持、管理してゆこうと思えば、佐藤先生のご指導を一度しっかり受けた方がよいので、いずれ予約を取って銀座に伺いたく存じます。椅子からの立ち上がりや、歩行姿勢、つま先立ちエクサ等々、教室を出た直後から実践中です。そして即、効果ありです!先ずは今回の大満足の講義、有難うございました!」

 

このような声が毎回のようにいただけるのですから、本当に嬉しい限りです。

 

勉強会の機会を増やしていかなければと思うのと同時に、来年は本の出版が待っています。これまでの講座の在り方や方法も、改めて見直さなければならない時期に差し掛かっているように思われます。次のステップ、ですね。基本的なことは変わりませんが、変形性股関節症の保存療法の普及と発展を目指し、あらゆる手段を利用しながらベストな方法を探ってまいります。

 

明日は年内最後の勉強会です。

皆さんの心と身体へメッセージがお届けできればと思っております。楽しみですね。

 

「股関節痛に保存療法のススメ」

以前取材していただいた記事です。こちらもご参考になさって下さい。

 

「公開講座」

■福岡・博多

 12月16日(土)午後13時〜15時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

■神奈川・横浜

 来年1月20日(土)午前10時30分〜12時00分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター横浜教室

 

「出張施術」

■大阪 来年1月16日(火)〜19日(金)  12/1日よりホームページ上で予約受付開始します

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ http://ginzaplus.com/jp/

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【臼蓋形成不全】ドクターストップから7年 ウルトラマラソン完走へ

 

マラソンシーズンが開幕しましたね。

先日の福岡国際マラソン、ご覧になられましたでしょうか?

最後まで崩れない大迫選手の美しいフォーム。外国人のようなダイナミックな走り。日本人でも可能なことを証明してくれましたね。これで益々東京オリンピックが楽しみになります。

 

さて、本日も症例報告です。

40代女性、初期の変形性股関節症、臼蓋形成不全を宣告されご相談にみえました。

 

【医療機関で診断された病名】

臼蓋形成不全、変形性股関節症、断発股

 

【解説】

ご相談内容です。「10年以上ずっとフラダンスやジョギングをしていたのですが、最近、股関節に違和感を感じ〇〇市のスポーツ整形外科を受診したところ、先天的な臼蓋形成不全、初期の変形性股関節症と診断されました。まだ初期症状とのことなので、これからどういう対応をしていったら良いか色々探している中、ginzaplusさんのHPにたどり着きました。今はフラダンスをお休みをしているのですが、できればまた踊れるようになりたいと思っています。ジョギングも控え、エアロバイクや青竹踏みや水中ウォーキングをしています。ginzaplusさんでは、そのような運動をする上でのリハビリ、訓練の仕方などもアドバイスして下さるのでしょうか。それともケア中心、痛みの症状の緩和を目的とする施術が主体でしょうか。フラダンスやジョギングがはじめられるようなアドバイスをいただけるなら受けてみたいと思っています。もし、痛む箇所のケアの施術専門でしたら、申し訳ございませんがキャンセルをお願い致します。」ginzaplusで保存療法を継続してからは、痛みは徐々に改善され、断発股による症状も解消。ジョギングもすぐに再開できるようになり、一年後にはフルマラソンを完走。その後も年に数本の出場を続け、今年は遂にウルトラマラソン(118km)も14時間で無事完走。趣味のフラダンスも継続され、数多くのイベントに出演できるまでになりました。現在はレースやイベント前後に定期的にフォローしていますが、その後も順調です。

 

【理学療法士コメント】

「幼少期」に何らかの股関節のトラブルにより発症した臼蓋形成不全と、「成人」になってから発覚した臼蓋形成不全とでは、分けて考える必要があります。その原因が先天的な問題によるものか。あるいは後天的な要因かによって症状の捉え方や予後、今後の生活の仕方が異なります。今回のケースのように、幼少期にトラブルがなく、運動中の怪我によって偶然発覚した臼蓋形成不全であれば、スポーツを継続しながらの回復が望めます。特に、(施術前動画のように)未だ運動障害を来していない状態であれば、早期回復が可能です。一方で、小さい頃に脱臼や手術経験があるような先天的な要因が主の場合には、より慎重に経過を追っていく必要があります。時に運動制限を課したり、オーバーワークにならないような生活の工夫も必要です。

臼蓋形成不全もどういった過程を経て発症した臼蓋形成不全であるのか、見極める必要があります。臼蓋形成不全の存在を理由に過剰医療になることなく、また極端な安静を強いられることなく、それぞれの股関節の歴史に合った治療手段を検討すべきでしょう。ginzaplusでは、痛みの治療と併用して、動きの治療も同時並行し行うことで、できるだけ短期に高いQOLの実現を目指します。

 

【痛み】

「股関節を回した時に音がなる。フラダンス中、長く走った時はだるい。」

 

【ginzaplusへの期待】

「できるだけ運動を継続していきたい。」

 

【施術期間】

 約7年、計17回

 

【施術前・施術後 (クリックで動画に切り替わります)】

 

 

「公開講座」

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)午後13時〜15時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

 

 

「出張施術」

■博多 12月13日(水)〜16日(土)    ホームページ上で予約受付を開始しています

■大阪 来年1月16日(火)〜18日(木)  12/1日よりホームページ上で予約受付開始します

 

 

ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ http://ginzaplus.com/jp/

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ

【変形性股関節症】書籍撮影と病院訪問

 

先日は銀座を1日お休みをいただき、赤坂まで撮影へ出かけてきました。

ケーシーに袖を通すのも久しぶり。大学病院以来でしょうか、新鮮でしたね。ところで、皆さんはケーシーの語源をご存知でしょうか。私もこの時が来るまで恥ずかしながら知りませんでした。。。汗 参考までに

朝から約3時間、汗をかきながらモデルさんにもご協力いただき無事終了。その後は、スタジオ近くの「(みんみん)」でスタッフの方たちと昼食会。焼きそばと餃子、非常に美味でした〜

 

それと今回の出版に併せ、以前からお世話になっている股関節専門医の先生のもとへご挨拶に。

練馬・高野台に建つ順天堂大学付属練馬病院へ。待合室で待っていると、御茶ノ水の時代にお世話になっていた専門医の先生とご対面!? なんと裏口から通していただき教授にもご挨拶をさせていただきました。いつもニコニコ和やかな笑顔。患者さんが放って置かないのも無理もありませんね。変形性股関節症の治療界において「手術もするけど、保存療法も応援する」、そんな先生なかなかいらっしゃいませんから…。実は、私が順天堂に入職した当時から、そして、今でもお世話になっているんです。同じ患者さんを医師と理学療法士、ふたりで診ていけるのは患者さんにとっては安心にも繋がります。関西では増原先生も保存療法へ関心のある専門医で有名ですね。私はこの仕事を通じて、このおふたりの先生方の考えに触れ、評価していただけるだけで幸せです。もうおひとり、ご紹介したい保存派の先生がいらっしゃるんですが、またの機会に。。。

 

関東では年内最後の勉強会が今週末、新宿の朝日カルチャーセンターで開催されます。

準備も万端です!皆さんにお会いできるのが楽しみですね。勉強会に参加された方の約1/3の方たちは、そのまま銀座でのマンツーマンの施術を希望されお越し下さいます。保存療法で大切なのは、「方向性」です。間違わず、早めに取り組めれば、皆さん同じように満足のいく結果に辿り着けるはずです。最新の情報を元に、快適に改善させたいですね!

 

 

「公開講座」

■東京・新宿

 12月9日(土)午後12時30分〜14時45分

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター新宿教室

■福岡・博多

 12月16日(土)午後13時〜15時

 申し込み受付先:朝日カルチャーセンター福岡教室

 

 

「出張施術」

■博多 12月13日(水)〜16日(土)      ホームページ上で予約受付を開始しています

■大阪 来年1月16日(火)〜19日(金)  12/1日よりホームページ上で予約受付開始します ※参加者多数につき1日延長しました。

 

 

股関節痛の保存療法 ginzaplus 佐藤正裕(理学療法士)

お問い合わせご予約

☎03-6228-6058

ホームページ http://ginzaplus.com/jp/

 

にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ